天然石パワーストーンブレスレッドの意味と効果 ルビー

CONTENTS

宝石の女王

ルビー (Ruby)

ルビーは、コランダム(鋼玉)と呼ばれるダイアモンドの次に硬い 鉱物の一種で、赤色の宝石です。(赤色でないものはサファイアと呼ばれる)。語源はラテン語で「赤」を意味する「rubeus」に由来。ルビーは、どんな色の光の中でも、赤い光を発することができる強い輝きを持っています。持ち主に危険が迫ると、色があせて知らせてくれるといわれており、古来より世界各地で守護石として愛用されています。宝石の王であるダイアモンドに対して、ルビーは宝石の女王と呼ばれ、特にインドでは精神に強い影響を与える石として神格化されています。石言葉は「熱情・純愛」。ルビーやガーネットなどの赤色が強い宝石は、血行をよくする効果があるそうです。7月の誕生石




ネットで人気のルビー
0.1ct ルビーペンダント ルビー